ギャンブル依存 Kさん

ギャンブルにはまり込み、生活を失う人が後を絶ちません。Kさんもその一人。「電気、水道が止まり、食べるものも無くなりました。お金貸してもらえませんか?」名前を変えてサラ金闇金からお金を借り蟻地獄状態。でんでん虫の会としてできることは、水や食料を届け、LINEで「おはよう、元気かな?」「おやすみなさい」と家族のような会話を続けることです。
そんなある日、「仕事見つけました。家賃の安い公営住宅に当たりました」と弾んだ声がKさんから返ってきました。以前、ギャンブル依存のため助けを求めて県外から来た人が自立し、残していった自転車を通勤用にお貸ししました。ギャンブル治療の先生から財布の中に1500円以上は入れとかないように言われたと、財布の中まで見せてくれました。(本人の了解を得てアップしています)


そんなささやかな活動を続けていけるよう、でんでん虫の会をお支えください。マンスリーサポーター募集は50名の目標に対し26名を超えましたが、残り6日となり、あと一歩です。
マンスリーサポーター募集キャンペーンページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA