地域再生大賞ブロック賞(九州・沖縄)202202

地域再生大賞の表彰式のため、熊本日日新聞社へ伺いました(吉松、吉冨)

「誰一人取り残さない」がテーマのSDGs、これまで「ひとりじゃないよ」を掲げて取り組んできたでんでん虫の会の活動が認められ、九州沖縄ブロック賞をいただきました。
会の名前の由来は、「なんでんかんでん、だれでんかれでん、いつでんどこでん」です。孤立化がますます進む社会の中にあって、家族のように寄り添いながら共に過ごせる人々があちこちに生まれることを願っています。皆さんの応援に感謝します。
以下はでんでん虫の会事務局長永田貴子さんのメッセージです。
「この度頂いた、地域再生に貢献しているとのご評価、NPO法人は市民活動です、だから尚更この賞はこの上ない喜びです。
また、新聞で知った、応援したい!との申し出が増え、本当に心強いです。
10年以上の時を経て、いまや、会の中だけではなく、自治会や民生委員、校区社協、まさに地域の皆さんと共同して活動する段階に入って参りました。
同じく手弁当で汗をかいている民間の支援団体、医療福祉の様々な専門機関、福祉政策課をはじめとする行政、SDG’s推進も相まって「誰も取り残されることのない」地域づくりを目指す連携の広がりをひしひしと感じております。
「ひとりじゃないよ」を合言葉に身を削って支えてくださった有志の方々、ともに信頼し支え合って来た会員の皆さん、そして、先に旅立ち、あの世でもおしゃべり会を開いて待ってくれている大先輩たち!
多くの思いを次世代につないでいくことが出来るかがこれからの課題です。どうか、持続可能な会へと地域の皆さんに支え育てて頂けますよう、心から願っております。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA